ステンレスプレファブ加工管

耐食性に優れ、軽量なステンレスプレファブ加工管は当社の主力商品です。
一般建築向け主体のSU薄肉管から、プラント、浄水場向け主体のスケジュール厚肉管まで、当社のプレファブ加工管は製作できます。
管種も、SUS304、SUS316を中心に幅広く対応可能です。
加工管の溶接は、TIG自動溶接を主力として採用、検査も三次元測定機設備を完備し、高い完成精度を誇ります。浸透探傷検査(PT)、放射線透過検査(RT)、水圧空圧試験、ヘリウムリーク気密試験等、特殊な検査についても対応可能です。

ステンレス 配管風景1
ステンレス 全体
ステンレス 配管風景2

フランジ接合

当社のフランジ接合方式には主に下記の3方式になります。
①溶接フランジ接合
FF(板)フランジを隅肉溶接と呼ばれる溶接方法で、内外面溶接します。
②ラップジョイント+ルーズフランジ接合
管端にラップジョイント管継手(スタブエンド)を溶接する事により、ボルト穴位置を自由にできるルーズ(遊合形)フランジで接合します。
フランジ材質はSUSのみで無く、より安価な白メッキ製、絶縁機能のあるナイロンコート製と、選択の幅が広がります。
③管端つば出し(フレア)加工+ルーズフランジ接合
管端を専用フレアマシンでつば出し加工し、ルーズフランジで接合します。
ラップジョイントが不要になり、溶接が無くなるので、コストメリットが高くなります。
※用途、口径、肉厚により使用できない事がありますのでご確認ください。

①溶接フランジ
①溶接フランジ
②ラップジョイント+ルーズフランジ
②ラップジョイント+ルーズフランジ
③管端つば出し加工+ルーズフランジ
③管端つば出し加工+ルーズフランジ
④ラップジョイント管端
④ラップジョイント管端
⑤つば出し加工管端
⑤つば出し加工管端

ハウジング継手接合

一般建築の給水や消火配管等で主に使用され、フランジ接合に比べ、以下のような特長が有ります。
★基本ボルト2ヶ所の締め付けだけで、施工できるので、作業時間の大幅な短縮が図れます。
★フランジ接合より、外径が小さくなるので、より狭いスペースで施工が可能になり、躯体の梁貫通孔も小さくできます。
★フランジ接合より、可とう性、伸縮性があるので、層間変位等の吸収が図れます。

接合方式としては、主に以下の2種類があります。
①グルービング加工方式
パイプにロール形成により溝(グルーブ)を設け、係り止めとする方式。
②リング溶接方式
パイプにSUSリングを溶接し、係り止めとする方式。※①より耐圧性に優れる。
※耐圧、口径、肉厚により推奨方式が異なりますので、ご確認ください。

①グルービング加工
①グルービング加工
①グルービング 接続時
①グルービング 接続時
②リング溶接
②リング溶接
②リング溶接 接続時
②リング溶接 接続時

各種枝取り出し

計器類のタッピングや小口径の枝出しは、ソケット、ニップルの他にメカニカル継手(袋ナット)への接続も可能です。

ソケット取り出し
ソケット取り出し
ニップル取り出し
ニップル取り出し
メカニカル継手(袋ナット)取り出し
メカニカル継手(袋ナット)取り出し

浸透探傷検査(PT)

浸透探傷検査(PT)1
浸透探傷検査(PT)2

耐圧・気密試験

耐圧・気密試験1
耐圧・気密試験2

寸法確認

寸法確認1
寸法確認2
寸法確認3

ヘリウムリーク気密試験

ヘリウムリーク気密試験

検査機器